アイス

今日は奥村かのんさん、まりかさんのお母さんからアイスの差し入れがありました。

最近暑くなり、子供たち(特に低学年)に集中力がなく、不機嫌でやる気も出ないのがみてとれていました。

こちら(先生)としては授業のはじまりですが、子供たちにしてみたらそろばんの始まりは、学校の授業のおわりでもあります。

バテて、疲れて、なかなかやる気が出ないのは当然といえば、当然だと思います。

夏休みに入れば涼しい早朝授業となりますが、それまでの残り1週間、不機嫌で、不満のたまりやすいこの時期をうまく乗り切っていかなければと思っていた矢先の授業前の差し入れは正にベストタイミングで大変ありがたかったです。

しかしそれ以上にうれしかったのが、

かなり多くの子が、あとから登校してきた、かのんさんに近寄り『ありがとう』とお礼を言っていたこと。

なかにはお迎えに来たかのんさんのお母さんに『アイスありがとう!』と授業中に言いにいっている子もいたことで、これらすべてが自発的な行動であったことです。

あいさつ、お礼 といったしつけを そろばん教室には 求められていないと 特につよく感じはじめていた近年 この愛すべき 素晴らしい子供たちの態度は とても誇らしく感じました。


特集記事