子供たちにこのCMの話をしたところ  

あまりに​残念な演技をさせてことにより

速読自体もできるはずないと思っているようでした。

速読…

ブックオフのCM…

すごいですよね!

ただ・・・

知識を得るのに、小説を楽しむのに
飛ばし読み、拾い読みの速読が良いのかには疑問が残ります。

小説の中でのセリフの言い回しには登場人物の細かな感情が表れていたり… 改行や間合い 

そういった細かい部分を含めて大きな感動につながるはずです。
小説の内容を知るだけになっては、ネタバレありの読者レビューとなんら変わりありません。

たとえ人の10倍で本を読み終わっても、10分の9を飛ばして読むことで 小説の感動までが10分の1になってしまってはとても残念です。

では

例えば人の10倍で、

本を読むことができないのか…。

当校でフラッシュ暗算3桁15口を3.2秒で解く生徒がいます。
45の数字を目で追うだけでも大変な早さですが、さらに計算まで行います。

これを数字、ではなく文字に置き換えた場合

例えば

文庫小説1ページ38文字×16行 250ページで

1冊約10万文字だとして  約2時間弱となります。

足し進めていくことを考えた場合

1時間30分もあれば

読み、理解することは

全く問題なくできます。

まぁ 疲れますが・・・

では 実際

どのようにして

能力(脳力)をあげるのか

フラッシュ暗算ではまず計算力を上げだんだんと桁を増やすます。

 

​しかし

桁を増やした最初の段階では

まだ位同士を足しているにすぎません。

例えば123+123では

1+1 2+2 3+3 で 246

として答えをだします。

この段階でも2+2で 1+1の答え2を

3+3でその前に計算した24を

忘れず記憶しておく必要があります。

しかし

視野を3桁まで広げ、 注意力を3桁すべてに分散する

ことで

123+123の計算をすることができます。

​イメージとしては3つの数字をぼんやりと確認し

どれを先ともなく同時に足すイメージができてます。

       

この段階まで来ると

通常生活するうえで身につくことが少ない

​同時認識と同時判断ができるようになります。

速読でも同様に

まずは1文字づつを早く追う訓練をし

ある程度の習熟ラインまで理解力を早め(高め)ます

ある程度の早さに対応できるようになったら

一言、一句を一つの塊として理解することにより

例えば15文字を

1文字×15 から

5文字×3

と理解するようにします。

この段階で一点集中の速断から

​少し視野を広げる能力が必要となります。

​これは

ひらがなを漢字で読み上げるイメージに近いと思います。

​漢字はもともとひらがな数文字を1文字、2文字にまとめてしまいますのでさらに遅く、読みやすくなったのではないでしょうか?

いかがでしょうか

当校の速読は

脳の回転を早めることを基礎として

視野の持ち方や 文字、文章への意識改革で速読を行うようにできる速脳訓練を行います。

これこそ 

​速脳であり

本当の速読だと思います

当校卒業生(中学3年まで在籍した生徒)はほぼすべてが 

学区、地区最難関公立高校や地方難関高校へ進学しています。

​さらに言うならこれらの子供たちのほとんどが塾に通うことなく高校受験を終えています。

英語をするなら英語教室

国語が苦手なら国語教室と考えるのはごく自然で、当然のことだと思いますが、

そろばんや(飛ばし読みなど教えない)速読などの育脳教室は人生すべてで役に立つ学習だと自信をもって言えます。